【おすすめのリジットデニムジャケット】A.P.Cのデニムジャケットはスマートに着たい。

A$∀
この記事を書いた人
・普段はしがない社会人やってます。
・モードと古着好きの20代服好き男。
・音を感じるスタイリングが多め。
・ドメブラ&デザイナーズも大好き。
「今の欲しいは未来の投資」→これ大事
  • シンプルで上質なデニムジャケットを探している
  • 周りとは被らないデザイン・シルエットがいい
  • A.P.Cでも人とは違うデザインが欲しい

こんな方に向けてA.P.Cのデニムジャケットを紹介します。

デニム好きはもちろん、ファッション初心者にもオススメできる一品です。

目次

A.P.Cとは

フランス生まれのブランド

「A.P.C.」はジャン・トゥイトゥ(Jean Touitou)氏が1987年に立ち上げた発のファッションブランドです。

「製作と創造のアトリエ(Atelier de Production et de Creation)」というブランドコンセプトの略でA.P.C.なんだそうです。

デザイナーやブランドの価値で服を選んで欲しくないという意味が込められています。

ちなみにこの意味のために最初はブランド名が無かったそうですよ!

今では全世界で着る人を選ばない、ジャンのシンプルで機能的なデザインは幅広い層に愛されています。

A$∀

特にきれいめ好きの人が着ているイメージです。

無駄なものを省いた極シンプルで匿名性の高いデザインなので初心者にも最適。

読み方は「エーピーシー」ではなく「アーペーセー」なので注意しましょう

デニムが人気

デニムといえばLEVI’SやLEEをを思い浮かべる方も多いでしょう。

しかし、A.P.C.のデニムもド定番のアイテム。

特に生デニム(リジットデニム)が有名で、デニム好きから絶大な支持を受けています。

通常のデニムはウォッシュ加工を行い、履きやすい様に糊を落としてから出荷しています。

リジットデニムとは

ウォッシュ加工をせずに、糊付けされた状態で出荷されるデニム

最初は糊がついたまま履く事で自分のシワやクセを付けて、その後に洗濯を繰り返して自分だけの色落ちを楽しむのがベターな楽しみ方。

A$∀

自分だけの形に育てる男のロマンがあります。

今回紹介するデニムジャケットもリジットになります。

ウォッシュ加工されたデニムもラインナップされていますが初めて購入するのであれば、やはりリジットデニムがオススメ。

なぜA.P.Cのデニムジャケットを選んだ?

デニムジャケットの主な4タイプ

デニムジャケットいくつかのタイプが存在する事をご存知でしょうか。

主に1stから始まり〜4thまで4タイプが存在しており、フリーザやセルの様に時代や環境に合わせて進化・レベルアップしていきました。

1st

出典:https://www.levi.jp/men/outerwear/denimjacket/levis%20vintage%20clothing%201936%20type%20i%20トラッカージャケット%20%20organic%20リジッド/705060028.html

ワークウェアとしての機能性が重視されていたモデルです。

稼働に配慮した短めの着丈と、左胸にだけにあるポケットが特徴。

アジャスターが後ろに設置されています。(シンチバックといいます。)

シルエットはボックスシルエットで若干ルーズ目でよりカジュアル感が出るタイプですね。

  • 短めの着丈
  • 左胸のみのポケット
  • シンチバック
  • ボックスシルエット

2nd

出典:https://www.levi.jp/men/outerwear/denimjacket/kenzo%20x%20levis%20type%20ii%20トラッカージャケット%20ミディアムインディゴ/A68270000.html#start=1

1stのデザインを受け継ぎつつ、進化させたのが2ndタイプ。

1stと同じくボックスシルエットのままに、ポケットが両側へと進化。

アジャスターがボタン式へと変更されています。

こちらもデニムジャケットの中でもよりカジュアル感が出るタイプですね。

  • 両胸にあるポケット
  • アジャスターがボタン式
  • ボックスシルエット

3rd

出典:https://www.levi.jp/men/outerwear/denimjacket/made%20in%20japan%20type%20iii%20トラッカージャケット%20ダークインディゴ%20rinse/A58830000.html

3rdタイプになるとワークウェアとしてではなく、タウンユース向けへと進化を遂げました。

特徴はV字型の切り替えが採用されてポケットがホームベース型に。よりファッショナブルな印象に進化。

  • V字型の切り替え
  • ポケットがホームベース型
  • 現在主流のデニムジャケットの礎
  • ボックスシルエット

4th

出典:https://jamtrading.jp/dictionary/ri/リーバイス/136/

ここまできて最終形態の4thです。見た目はほとんど3rdタイプと変わりません。

しかし、大きく変化したのがシルエットで今までのワイドで着丈が短いボックスシルエットから着丈を長くしてスリムなシルエットに変更されました。

紹介した中で一番スタイリッシュに見えるタイプといえます。

現在で多く流通しているデニムジャケットはこのタイプ。

  • 見た目は3rdとほとんど変わらない
  • ミドル丈&スリムな現代風シルエット
  • 現在一番流通しているタイプ

セカンドタイプのススメ

どのタイプにも良さがあることがわかったと思います。

その中で街中でよく見るのは3rd・4thタイプです。

1stと2ndタイプはプチプラ展開少ないのもあってか服好きの方しか着ていないイメージ。

1stと2ndを取り入れるだけで少数派なのですがデメリットは3つ。

  • ワークウェアの要素が強い
  • 着丈が短め
  • ボックスシルエット

良くも悪くも野暮ったさが出る形状をしているんですよね。

A.P.Cのデニムジャケットは2ndタイプはベースになっています。

2ndタイプは野暮ったさと武骨さを感じさせるシルエットでしたね。

APCのデニムジャケットはデザインはそのままに着丈を長め・身幅とアームホールは狭めにアレンジされています。

ということは2ndタイプでもスタイリッシュに着こなしやすいんですよね。

2ndタイプを探しているけど無骨なのは難しそうという方に非常におすすめ。

APCデニムジャケットまとめ

2ndタイプながらスタイリッシュに落とし込みやすく野暮ったさを軽減したい人におすすめ

買いやすい

もちろん他のブランドにもかっこいいデニムジャケットがあります。

しかし行列に並んだり、熾烈なオンライン競争に勝ち抜く必要があるなど購入できるまでのハードルが高い事が多いんです。

買えない事も普通にあります。

その点、A.P.Cは取扱しているショップに行けば直ぐに買えるのも利点。

高品質で良デザインなのに被りにくいアイテムが普通に買えるのは中々ありません。

最近では楽天市場やZOZOTOWNみたいな大手サイトでも購入できますので安心です。

日本製生デニム使用

ブランド黎明期からなんとA.P.C.デニムは日本製のオリジナル生地を使用しています。

A$∀

創設者のジャン・トゥイトゥがKENZOに在籍していたことが大きいみたいですよ。

ヴィンテージLEVI’Sと同じ旧式の織機で制作されていてその証拠に赤耳と言われるステッチが付いています。

海外の一流ブランドに日本製の生地が使われてるのって少し誇れますよね。

ちなみにデニムに限らず世界のブランドで日本製の生地が使用されているんです!

ちなみに外は固く、中はフワッとした履き心地をまるで「フランスパンの様だ」と称されています。

日本でいうならば「メロンパンの様だ」でしょうか・・・笑

レビューとサイズ感

全体レビュー

全体のフロントとバックを一枚づつ。

一度も洗っていないノンウォッシュ状態です。

デザインは元祖2ndタイプに忠実に作られています。

深めの色合いのインディゴデニムにオレンジステッチの落ち着いた仕様なので大人コーデには最適です。

細部レビュー

裏地

裏地にはリジットデニムの証である赤耳がしっかりとあります。

もうシミつけてんじゃねーかよ

ボタンとステッチ

ボタンのデザインを見ていきます。

色合いはくすんだシルバー調で非常に高級感があります。

ロゴはギターと杖かドライバー、又は剣がクロスしていますね。

”A.P.C. rue Madame pres du Luxembourg”と刻印されています。

翻訳するとリュクサンブール(宮殿のある公園)近くのマダム通り沿いにあるA.P.Cといった意味なんだそうです!

どういった意味合いのでしょうか?気になりますね。

アジャスター

ウエスト部分が調整可能なアジャスター左右に付いています。

シルエットは綺麗でもベースは一貫してセカンドタイプを貫いていますね。

ボタンが2つ付いており2段階調整が可能で絞って遊んだりしても良さそう。

シルエットが綺麗

よくあるセカンドタイプは野暮ったく見えてしまうというデメリットがあるとお伝えしました。

が!しかしA.P.Cのデニムジャケットはそれが皆無。

着丈が長めでスリムな形状をしているので誰が着ても上品になります。

実際に着用してみるとわかりますが、デニムジャケットなんですがらしからぬ洗練さを持ち合わせています。

通常はカジュアルなアイテムに分類されるデニムジャケットですがドレス要素も程よく入ったジャケットなのでよりスマートに着こなせます。

意外なメリット!ポケットが多い

A.P.Cのデニムジャケットは収納意外と多く設計されています。

定番の胸に2つのポケットに加えて、ウエスト部に大きめのポケットがあります。

手を突っ込んで歩いたり物を入れる事が可能。

あとはなんと内側にもポケットがあります!

このポケット以外にも収納力が高くて

ジャンプの単行本(縦17.4cm✕横11cm)がすっぽり入ります。

iPhone&ワイヤレスイヤホンなんかも余裕で入る収納力ですね。

A$∀

収納が多いデニムジャケットはレアキャラ。

バッグを持ち歩かない男性も多いと思うのでこれは嬉しいポイントです。

正直結構硬い

よくA.P.Cのデニムはよく外は堅く中はふわふわした独特な肌触りからフランスパンのようだとも例えられる事も多いようですが、

そういった感覚をジャケットでは正直得られませんでした

パリッと糊がついたリジットの風合がダイレクトに伝わってきます。

着心地はお世辞にも良いとはいえませんが、洗えば柔らかくなりそうですね。

腕が長め

僕は177cm・70kgの肩幅やや広めのややがっちり体型でLを着用しています。

Mサイズだとジャストすぎる上に肩幅がキツく感じたのでLサイズにしました。

リジットデニムは選択したら縮みますし。

僕は腕は長い方ですが、袖を一回ロールアップさせています。

そのままで着た状態も悪くはありませんが、何処か野暮ったさを感じます。

しかし一度ロールアップするだけでスタイリッシュな印象に進化。

A$∀

袖は大分長めなのでロールアップは必須かと。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ミニマルで上質な素材を使用したA.P.Cのデニムジャケットを紹介しました。

定番ブランドのアイテムなのに意外と被りにくくてどんなスタイルにもマッチしやすい。

少し大人っぽいデニムジャケットは欲しい人は損はありません。

初めてのちょっといいデニムジャケットにもおすすめです。

ではまた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・モードと古着が好きな20代服好きです。
・音を感じるスタイリングが好き
・購入品紹介とファッション情報解説するA’zSCANDALを運営中。
・「今の欲しいは未来の投資」→これ大事

コメント

コメントする

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次