DAIWA PIER39(ダイワピア39)とはどんなブランド?釣り人兼服好きが徹底解説!

A$∀
この記事を書いた人
・普段はしがない社会人やってます。
・モードと古着好きの20代服好き男。
・音を感じるスタイリングが多め。
・ドメブラ&デザイナーズも大好き。
「今の欲しいは未来の投資」→これ大事

こんにちは。

DAIWA PIER39(ダイワピア39)というブランドをご存知ですか?

機能性とデザイン性を兼ね備えた日本が誇るテック系ブランドです。

  • ダイワピア39とは
  • ブランドの特徴と良さ
  • 間違いないおすすめアイテム

こんな流れで解説していきます。

もうダイワは釣りだけのブランドではありません。

目次

まずダイワってどんなブランド?

てかダイワって聞いたことあるけど何やねん

こんな方も多いと思うので簡単にダイワについて説明します。

ダイワは1970年代には釣具売上高世界一を達したが世界に誇る大手フィッシングメーカー。

ロッドやリールはもちろん、ルアーや小物まで様々な名作を生み出し続けています。

その釣具の性能は日本だけではなく、海外の釣り師たちにも愛されているんですよ。

特に日本国内では釣具と言ったら人気・シェア率1.2を争うメーカー。

スニーカー業界で例えるならNIKEやAdidasのような存在ですね。

A$∀

この例えわかりやすくないですか?笑

DAIWA PIER39(ダイワピア39)は

コンセプト

関係ないけどDAIWAのワームで釣れたバスさん

そんなダイワが2019年よりスタートしたドメスティックブランドがDAIWAPIER39(ダイワピア39)。

ダイワピア39のコンセプトがこちら。

「大自然と都会をシームレスに繋ぐ架け橋」

この考えに基づき、都市生活を満喫するためのデザインとフィッシングを楽しむためのアイデアが共存するアパレルコレクションを展開。

コンセプトにちなみリリースされているアイテムにはフィッシングギアに使われるギミックが搭載されています。

  • 大容量の収納
  • 防水・撥水性
  • イージーケア

まだまだギミックはありますが、代表的な例をいくつか上げてみました。

釣りのシーンで当たり前に使用されているギミックを街着へ落とし込み、アイテムの利便性が大幅に増しています。

デザインにはファッションやギミックを通して釣りの文化を知ってもらいたいという思いも込められているんですよ。

A$∀

そのまま釣り行けそうなアイテムも多いんです!

名前の由来

引用:http://www.link-usa.jp/us-dictionaly/archives/2017/03/30_145419.html

ちなみにPIER39はサンフランシスコの港町PIER39が由来。

豆知識

ピア(PIER)は英語スラングで桟橋や埠頭等の意味。

PIER39は様々な人種が同居する街サンフランシスコの入り口です。

釣りや食など様々な文化を発信している街であり、この街がブランドイメージにぴったりだと取り入れられたそう。

言われてみれば釣りメーカーとファッションの融合ってめっちゃ斬新ですよね笑

デザイン性の高さも納得のデザイナー

引用:https://oceans.tokyo.jp/article/detail/42570

ダイワピア39のデザイナーは中田慎介氏が手掛けています。

デザインは超おしゃれな釣り好きダイワ社員がしているのか?

そんなことはないのでご安心を笑

それはそれで面白そうですけど

中田氏はBEAMSでメンズカジュアルディレクターを努めている超ベテラン。

泣く子も黙るBEAMSメンズラインを統括するとても名高い方なんです。

釣具大手のダイワ✕アパレル大手のBEAMS

この異色のコラボによって生まれたのがダイワピア39です!

ダイワピア39の特色

機能性

ダイワピア39の特色は冒頭で軽く触れたように機能性に優れています。

素材ではテック系ブランドらしく化繊維素材を多く使用しているのが特徴。

引用:https://www.gore-tex.com/jp/articles/what-is-gore-tex

GORE-TEXははじめとした防水・撥水・吸水速乾性に優れたものを採用しています。

A$∀

突然の雨や水しぶきなんて余裕ですね

この性能のおかげで天候をさほど気にせずにスタイリングを組めそう。

そして大容量の収納が付いているにも大きな魅力。

引用:https://daiwapier39.jp/collection

フィッシングベストを彷彿とさせる大容量のフィッシングポケットが多くのアイテムに付いています。

ポケットがないアイテムの場合も実は内ポケットが付いている場合が多いです。

フィッシングベストとは

ルアーBOXや釣り針など釣具を合理的に収納し運べるようにした世界最強のベスト

このフィッシングポケットのおかげでカバンいらずの収納力を誇ります。

本来のフィッシングウェアの性能に引けを取らないアパレルウェアを展開しています。

デザイン性

そしてもう一つの特色がフィッシング要素を上手く取り込んだデザイン性。

ミリタリーとフィッシィングをうまく融合させたテイストが最高なんですよね。

釣りの文化とヘビーデューティな時代背景とミリタリーウェアを融合させたら新しいフィッシングウェアができそう。

実際にデザイナーの中田氏も語っていたほど。

A$∀

だからポケットが沢山付いていても違和感がないわけだ!

ブラックやカーキなどベーシックなカラーからオレンジやブルーなどポップなものまでラインナップ。

軍モノ好き・釣り好き以外に少し変わったアイテムが欲しい方にも必見です。

おすすめアイテム

マウンテンパーカー

引用:https://daiwapier39.jp/product/BJ-16023

クラシックアウトドアスタイルのデザインを生かしながらに現代的にブラッシュアップしたマウンテンパーカーです。

見た目はクラシックながらGORE-TEXINFINIUMファブリックスを使用し性能は最高峰。

ちなみにGORE-TEXジャケットでも裏地がナイロンで硬いものは正直着心地よくないですよね笑

でもこちらは裏地もメッシュナイロン生地になっていてベタつかずドライな着心地に仕上がっています。

引用:https://daiwapier39.jp/product/BJ-16023
A$∀

メッシュ素材なのは高ポイント。

見ての通りダイワピア39を象徴する大容量ポケットでおかげで収納力は抜群です。

それでありながらクセのないデザインなので初めてダイワピア39を購入する方にオススメ。

価格は税込み68,200円となっています。

フィッシングジャケット

引用:https://daiwapier39.jp/product/BJ-25023W

ダイワピア39の看板アイテムであるフィッシングジャケットもオススメ。

多くのポケットワークが目を引くインパクトあるデザインながら機能性は抜群。

もはや収納性に関しては説明不要ですね笑

引用:https://daiwapier39.jp/product/BJ-25023W

実は襟も内側には簡易フードが収納されていて小雨対策ができます。

GORE-TEX程ではないものの、撥水加工も施されていて天候変化にも柔軟に対応できます。

A$∀

釣りメーカーの強みを最大限に生かしたアイテムですね!

価格は税込み66,000円となっています。

ショーツ

引用:https://daiwapier39.jp/product/BP-53023

1990年代にデザインされていたユーティリティーショーツに大ぶりのポケットを備えた一枚。

こちらも財布やルアーケースなどショーツでは入れられないものまで入れることができます。

こちらも収納力は説明不要でしょう笑

裏地はメッシュライニングで水陸両用な上、真夏でも清涼感を感じる履き心地に仕上がっています。

こちらはアウトドアシーンでも活躍しそうな予感です。

A$∀

ちょっとクセのあるショーツは春夏に重宝しそう。

価格は29,700円となっています。

DAIWA PIER39(ダイワピア39)はどこで買える?

DAIWA PIER39に直営店はありません。

購入する際は公式オンラインまたはセレクトショップからになりますね。

しかし嬉しいことに全国に多数の取り扱いセレクトショップが点在しています。

買えなかったアイテムも根気強く探せば見つかるかもしれません。

  • JOURNAL STANDARD
  • Bshop
  • ARKnets

上記の大手セレクトショップも多数取り扱っています。

他にも1LDKやnubian・GR8など有名セレクトショップでも取り扱っているのでチェック!

公式に全国の取り扱い店舗は載っているのでリンクを貼っておきます。

DAIWA PIER39
DEALER 「大自然と都会」を「シームレスに繋ぐ架け橋」という考えを提案するこのラインは、都市生活を満喫するためのデザインと、フィッシングを楽しむためのアイディアが共存する...

4.まとめ

釣りとミリタリーを融合しながらどこかクリーンさを感じるDAIWA PIER39を解説しました。

ファッショニスタ御用達のL’ĒCHOPPEとコラボしたりとコラボも目が離せません。

手に入れるのは難しそうですが・・・笑

ドメブラの中では手に取りやすい価格帯なのも嬉しいポイント。

機能性とデザイン性の両立を求める方はチェックしてみてはどうでしょうか。

それではまた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・モードと古着が好きな20代服好きです。
・音を感じるスタイリングが好き
・購入品紹介とファッション情報解説するA’zSCANDALを運営中。
・「今の欲しいは未来の投資」→これ大事

コメント

コメントする

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次