【きつい?】APCのストレッチプチニュースタンダードのサイズ感と選び方!

A$∀
この記事を書いた人
・普段はしがない社会人やってます。
・モードと古着好きの20代服好き男。
・音を感じるスタイリングが多め。
・ドメブラ&デザイナーズも大好き。
「今の欲しいは未来の投資」→これ大事

今回はフレンチデニムの代表格であるAPCのプチニュースタンダードをご紹介。

僕が購入したのはストレッチモデルです。

  • プチニュースタンダードストレッチモデルのサイズ感と選び方が知りたい
  • シルエットはどうなの?
  • 動きやすいリジットデニムを探している

他にもストレッチモデルにした理由まで細かく解説していきますのでぜひご覧ください。

目次

APCとは

「A.P.C.」はジャン・トゥイトゥ(Jean Touitou)氏が1987年に立ち上げた発のファッションブランド。

シンプルでミニマルなデザインが特徴で人気を集めています。

APCについてはこちらで詳しく解説しているので興味がある方は是非。

なぜプチニュースタンダード?

この記事を読まれている方はAPCの定番モデルのことはご存知かと思います。

しかしなぜプチニュースタンダードを選んだのかの理由とともに、3代モデルを簡単に解説していきます。

APCの定番モデルとしては主に3種類。

  • ニュースタンダード
  • プチスタンダード
  • プチニュースタンダード

ニュースタンダードやストレートにややテーパードをかけた一番太いモデル。

プチスタンダードは中間モデルで股下浅めのスリムフィットモデル。裾は軽いテーパード仕様です。

そしてプチニュースタンダードは膝より上はプチスタンダードとそこまで変わらず(試着で確認済)

しかし裾は急激にテーパードがかかっているのが一番の特徴。

モデルニュースタンダードプチスタンダープチニュースタンダード
股下深め浅めやや深め
シルエットストレートスリムストレートスリムテーパード
軽くテーパード軽くテーパード鬼テーパード
価格24,20024,20024,200
※価格はノンストレッチデニム価格

ざっと表でまとめるとこんな感じです。

ストレッチモデルだと価格が少々上がって25,300円となりますのでご注意を。

ではなぜ今回プチニュースタンダードを選んだのか?

リジットかつ細身のデニムが欲しかったので一番細いプチニュースタンダードを選択。

A$∀

ヒールブーツなどシャープな靴と合わせる前提で購入。

ちなみにプチスタンダードと履き比べたのですが裾幅はかなり違うと感じましたね。

プチスタンダードは広いというよりプチニュースタンダードが細すぎるという感じです笑

試着しまくった結果、やっぱ細い方がいいよな!という結論になり購入しました。

ミニマルで匿名性のあるデザイン

アメリカのデニムと違い、上品でスタイリッシュな雰囲気を持っています。

シルエットは膝下から急に細くなるテーパードシルエット。

ポケットにもステッチが施されておらず、非常にシンプルなデザインとなっています。

APCらしく非常にミニマルで匿名性を感じますね。

ポリエステルが2%入ったストレッチモデルは赤耳は入っていません。

綿100%のモデルは赤耳付きになってます。

ジッパーではなくボタンフライ仕様になってます。

ここは完全に好みの問題ですね。

ボタンには”A.P.C. rue Madame pres du Luxembourg”と刻印されています。

翻訳するとリュクサンブール(宮殿のある公園)近くのマダム通り沿いにあるA.P.Cといった意味なんだそうです。

ストレッチモデルにした理由

シルエット最高!でも動きにくい・・・

ストレッチモデルにした理由は綿100%だと動きにすくぎて履かなくなりそうだったからです

ストレッチなんて外道やろ!

デニム愛好家の方から怒られそうですが・・・笑

綿100%と履き比べたのですが、動きやすさがまるで違いましたね。

プチニュースタンダードは一番細いモデルと説明しましたが・・・

ほぼスキニーといえるほどの細さになります。

A$∀

履く時はかかとが引っかかる位の裾幅です。

綿100%は例えるとストレッチが入っていない硬いスキニー。

考えただけで地獄じゃないですか?笑

生地が食い込んで痛いという意見もちらほら・・・

デニムに噛まれるとはこういうことだ!

試着で少し歩いただけで僕のような育児なしは履かなくなる未来が見えました。

俺は本気でエイジングしていくんじゃ・・・!

こんな気合のある人意外は綿100%プチニュースタンダードはオススメできません。

プチニュースタンダードのシルエットが気に入ってるならストレッチモデルがいいかなと。

綿100%の生デニムをイチから育てたい方はややゆとりのあるニュースタンダードとプチスタンダードを推奨します。

注意!色がやや違う

APCのデニムは綿100%とストレッチモデルで実は色味が異なります。

綿100%と比べるとストレッチモデルは始めからやや青みがかっています。

僕が保有しているAPCのアイテムで比較してみました。

  • ジャケットが綿100%のノンストレッチ
  • パンツがストレッチデニム

※どちらもノンウォッシュ状態

写真だと伝わりにくいかもしれませんね。

しかし安心してください!

現物で見てもよーく見ないと分からないです笑

A$∀

街で見かけてもほぼ判別不能です

セットアップでも着てみましたがよく見ないと分からないレベル。

一応書いておきましたが余程コダワリがない限りは気にしなくていいと思いますよ!

きつい?重要なサイズ感と選び方

綿100%のデニムは防縮加工がされていないのでジャスト〜少しゆとりあるを選ぶのが定石。

APCの場合は特に縦に縮みやすく裾上げは要注意とのことでした。

しかしストレッチモデルの場合はジャストサイズ〜ワンサイズダウンを推奨します。

なぜならストレッチモデルは大幅に縮む心配がないから。

どんなデニムでも履いていれば伸びてきますからね。

A$∀

これは他のデニムでも言えます!

ですので裾上げも購入した時点で好みの長さに切ってOK。

この辺りは綿100%よりも選び方が楽ですね。

僕は普段30インチを履くことが多いんですが、今回は30インチを購入しました。

ワンサイズ下げた29だとウエストは大丈夫でしたが・・・

しかし僕は残念なことに太ももがゴツいので無理して履いている感が出てしましました。

30インチだと履いていてキツさはありますが無理してる感は出なかったです。

  • 足がしっかりしている方はジャストサイズ
  • 細い方はワンサイズダウン

こう選んで頂ければ大丈夫だと思いますよ。

セットアップも問題なかった

上下あるならセットアップだろ!ということで着てみました。

結果としてはTHE日本人体型の僕でも違和感なくきこなすことができました。

深みのあるリジット生地のおかげで引き締まった印象になります。

そして持ち前の美シルエットのお陰で野暮ったさが軽減されていますね。

A$∀

印象としては綺麗なアメカジという感じ。

先程説明した色味の違いもほぼ問題なく着用可能です。

スニーカーやブーツでもバッチリハマってくれそうです。

デニムオンデニムに興味のある方は是非チャレンジしてみてください。

まとめ

総評として購入してとても良かったと感じています。

僕はエイジングにすごくこだわる訳では無いのでストレッチにして正解でした。

散々書いてきましたが本当に綿100%は修行でした笑

最後にオススメできる人とそうではない人は以下の通りです。

オススメできる人
  • シルエットと快適性を両立させたい
  • エイジング気になるけどそこまでは気にしない
  • プチニュースタンダードを買おうと思っている
オススメできない人
  • 本気でエイジングを楽しみたい
  • ストレッチデニムは邪道と思っている

本気でエイジングを楽しみたい方以外はオススメできる一品です。

お値段は税込25,300円とちょっとお高めですがね笑

ちなみに楽天市場なら新品が23,000円と他サイトを含め最安値で購入できます。

ではまた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・モードと古着が好きな20代服好きです。
・音を感じるスタイリングが好き
・購入品紹介とファッション情報解説するA’zSCANDALを運営中。
・「今の欲しいは未来の投資」→これ大事

コメント

コメントする

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次