【めんどくさがりメンズにおすすめ】レインメーカーのイージースラックスが最高だった件

A$∀
この記事を書いた人
・普段はしがない社会人やってます。
・モードと古着好きの20代服好き男。
・音を感じるスタイリングが多め。
・ドメブラ&デザイナーズも大好き。
「今の欲しいは未来の投資」→これ大事

全服好き男性が持ってるであろうスラックス。

かっこいんだけどお手入れがな・・・

これは服好きを問わず全人類の悩みではないでしょうか。

最近購入したレインメーカーのイージースラックスが最高だったのでご紹介。

  • 楽でシワにならないスラックスが欲しい
  • それでいてシルエットや素材までこだわる
  • またまたイージーケアがいい

こんな欲張りな方にうってつけのアイテムですよ。

目次

レインメーカー(RAINMAKER)とは

レインメーカーは2012年に誕生した京都発のドメブラ。

和のエッセンスが取り入れられたアイテムが特徴的ブランドです。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

至極のイージーパンツ

気になるお値段

正式名はPONTE ROMA PLEATED WIDE TROUSERS。

価格は税込み42,900円とまあお高い部類かと笑

他にワイドではないPONTE ROMA PLEATED TROUSERSもラインナップしてます。

しかし買って後悔しない一品ですので詳細を解説していきます。

スラックスだろ

もうスラックスでいいんじゃないですかね笑

A$∀

外から見たらわからんですよ

そう思わせてくれる要因の一つがピンタック加工によるもの。

ピンタックとは

生地を折り曲げて押さえながら縫いつけ、直線状にタック(縫いヒダ)をつくったもの

ピンタック加工でセンターラインがくっきりとしてドレスな印象をプラスしています。

センタープレスは履いていると徐々に消えてしまいます。

ピンタック加工ならずっと綺麗なラインを維持いてくれますね。

そしてバックにも同様のピンタックが入っています。

後ろから見た際のシルエットを保ち、より上品な雰囲気に。

きれいなワイドシルエット

その名の通りワイドに作られたイージーパンツ。

ワイドパンツ中では太すぎず細すぎず標準的な太さです。

横から見ると緩やかにテーパードがかかっています。

テーパード具合が絶妙で綺麗なシルエットを生み出しています。

タックインしてもサマになる

一味違うのが腰回り腰回りのデティール。

グルカパンツを彷彿とさせるとても面白い仕様になっています。

グルカパンツとは

ネパール兵が履いていたウエストのダブルストラップや裾の広がり、深い股下、幾重にも入ったプリーツが特徴のパンツ

グルカパンツと同じくサイドのボタンでシルエットの調節も可能。

そう、ただタックインしてもサマになるイージーパンツなんです。

A$∀

ちょっと変わったデティール僕は大好きです

タックインすると腰回りのデティールが映えてとても良いアクセントに。

二通りの使い方ができるのは嬉しいところです。

シワになりにくい

楽でイージーケア

生地はフランスも高級生地メーカーキャリーマン社のポンチローマを使用。

キャリーマン社とは

1989年創業のしなやかで着心地が良い生地が魅力の生地メーカー

実は他有名ブランドでも時々使用されている生地メーカーです。

A$∀

詳しい方は知っている方も多いんじゃないでしょうか

ちなみにこのパンツはポリエステル4%混在されていて非常に動きやすいのも特徴です。

ポンチローマとは

比較的厚手で伸びだれが少なく、シワになりにくいジャージ生地

ジャージ生地ですがスカートや高級スーツまで幅広いアイテムに用いられています。

そして何と言ってもシワになりにくい生地なのがめっちゃ嬉しい。

僕は車によく乗るのですがスラックスはどうしてもシワが付きがち。

でもこの素材であれば心配は無用。

シワのストレスから開放されるのは全人類の未来が明るくなったと言えます。

イージーパンツならジャージ感強いんじゃないの?

いや、大丈夫。

高級生地メーカーだけあってドレス、高級感のある仕上がりになっています。

そして自宅で洗濯可能なのも嬉しいところ。

注意点とサイズ感

夏は厳しそう

ポンチローマワイドトラウザーはとてもしっかりとした生地感です。

経年劣化に強く、重厚感があって確実に良い点なんですけど肉厚がゆえのデメリットが。

それは夏に履くのはちょっと厳しいという印象です。

オールシーズン履けるものが欲しい方は要検討。

イメージとしては裏起毛ではないやや厚手のスウェットパンツですね。

履けなくはないけど積極的には取り入れないよねって感じ。

サイズ感は標準的

177㎝・体重70kgでサイズ4(M位)を選択しました。

A$∀

ちなみにデニムはいつもW30〜31です

着用感としては僕のために作られたの?と思うくらいミラクルフィット。

タックインも可能で大きすぎずちょうどぴったりな感じです。

結論、普段選んでいるサイズ感でOK

公式のサイズ表をそのまま引用しておきます。

スクロールできます
サイズ(㎝)ウエスト股上股下ワタリ裾幅
37630663220
47832683321
58034703422
RAINMAKER公式より

ウエストもゴムな上にサイドボタンで調整可能なので対応幅は広め。

デニムやスラックスよりはシビアに選ばなくて大丈夫ですね。

まとめ

冒頭で2種類のパンツがあると説明しました。

欲しくなったんだけどもどちらを買えばいいのって話ですが、

  • 今どきで太めなパンツが欲しい→ワイドタイプ
  • よりドレスにシャープに着たい→ノーマルタイプ

基本はこれで大丈夫です。

ノーマルも実際に試着しましたが、シルエット以外の生地やサイズ感はワイドと同じ。

逆にシルエットが細くて綺麗で細くて楽を求める方にはノーマがおすすめ。

イージーケアで良い物を求める方は迷わず買いなアイテム。

スラックスっぽいイージーパンツを何となく避けていた僕でも抵抗なく取り入れられそうです。

ちょっと個性的で綺麗なレインメーカーのイージーパンツのレビューでした。

ではまた。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

・モードと古着が好きな20代服好きです。
・音を感じるスタイリングが好き
・購入品紹介とファッション情報解説するA’zSCANDALを運営中。
・「今の欲しいは未来の投資」→これ大事

コメント

コメントする

CAPTCHA



reCAPTCHAの認証期間が終了しました。ページを再読み込みしてください。

目次